500Vdue

500Vdue改造(ノロジーホットワイヤーpart2)

ノロジーホットワイヤー装着後、初走行してきました。
エンジンスタートの段階でかなり調子良さそうな雰囲気でした。
 
走行し始めるとまぁ悪い感じではありません。
そのまま走行し、徐々に回転を上げて行きます。
 
相変わらず低回転はバラついているようです。
走ることには問題ありませんが、気持ち良くとまでは行きません。
アクセル操作に神経を使います。
 
問題の中回転域5000~6000回転ですが、こちらも変化なし。
というかよりノッキングでかくなった???
そこから一気にアクセル開けると加速する時と、加速せずでかいガックンが来る時が出るようになりました…
今まではそのまま加速していたのだけどなぁ。
なんでかな??
 
プラグが問題かと思って、上下とも交換。
焼け具合・・・これまでにはなかった、確かなキツネ色!!
スパークは良くなっていました!
中心部分はキツネ色で周囲はカーボンブラック覆われ。
新しいプラグに交換しました。
同じNGKのイリジウムです。
 
暗くなりましたが、テスト走行しました。
あまり変化なしという気がします。
5000~6000のとこで、アクセルを完全パーシャルしてみると、意外に大丈夫なことが分かりました。
そこからの急激なアクセル変化には対応していないようですが・・・
 
9000回転でも今まで通り、失火しているようなガックンが来ます。
 
ちなみに夜走行は初ですが、ウィンカーを点滅させるとメーターやヘッドライトの電気もかなり減光していることが分かりました。
Dueのメーターは相変わらず、付いたり消えたりですが、もしかして電圧低下が原因じゃないのかな?
メーターは特に加速時にダウンしやすいので・・・
さらに9000回転の異常はバッテリーの電圧不足なのが原因という可能性も・・
また、ウィンカー点滅に応じてエンジン音が頼りなくなっていました。
ノロジーでスパークUPしたけど、電力消費大になってるとかはないのだろうか??
 
最初からついていたバッテリーが結構古そうで、ここらで交換してみます。
さらに、あの「ホットイナズマの200倍」にも手を出そうと思います。
 
現在のDueの問題点:メーターダウンが頻発、9000回転での加速異常、5000~6000回転でのガックン
まだまだ気持ち良く走るということはできません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »