バイクグッズ

カーボンヘルメットとヘルメット 重量比較

この頃、バイクの軽量化に頭を使っております。
ヘルメットの重量も頭をよぎりましたので、測定してみました。
まずはAXO カーボンヘルメット 約1300g(カバーの分は引いてます)

BMW システム5 約1750g

シューベルト 約1680g

AGV 約1600g

台湾製 約1550g

カーボンヘルメットは非常に軽い!最高です!サーキットにはもってこいでしょう。
数100gの違いですが、かぶった時に重みを感じます。
特にシステム5とカーボンヘルメットは450g違いますので、持った時に違いが分かります。長距離だと首の疲労感が顕著です。システム5はフリップアップ式なので、その辺の機能が重量に反映されるのでしょうね。ツーリングではシステム5しか使用しておりません。
最近は、色々なメーカーからカーボンヘルメットが出ていますね♪
1100gとかいう軽さのもあるようで、1000g切るのも探せば出てくるかもしれませんね。
なお、購入金額は覚えておりません。シューベルトとカーボンヘルメットが高かったことは覚えております。静寂性ではダントツにシューベルトで、次がカーボンヘルメットでしょうか。AXOカーボンヘルメットは高速域で、風きり音が少ないですね。轟音がないので、速度感が狂います(笑)
台湾製をよく使ってますが、ここまで軽かったとは・・・まぁ装備や装飾品が少ないことが主な要因と思います。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »