YZF-R6

YZF-R6 オイル交換 楽々編

3月のサーキットRUNから一ヶ月以上経過しました。
そろそろオイルを交換する時期です。
サーキットを走るとオイルの磨耗が早いですね。ギアの入りがスムーズでなくなります。
今回もカウルを外して~と考えておりましたが、パッと目に飛び込んできたものがありました!

これです。名前はなんだったけな?オイルチェンジャー?
アストロ用で購入して、軽自動車では使用不可能だったので一度しか出番がありませんでした。
こいつで、バイクのオイル交換ができるか試してみたいと思います。
オイルレベルゲージの穴から吸い取るタイプで、オイルレベルゲージの穴に入ることが前提です。
確認します。

吸い取りホースは2種類ありますが、太い方で問題ありませんでした。
全体図

この状態で、スコスコと10回ポンピングするだけです。
出てます!

全量が2.4Lでこのくらい抜けました。


ラインが1Lごとに刻んであります。2.2Lくらいでしょうか。このくらいでいいのではないでしょうか。
ハッキリ言って相当楽です!
カウルもドレンボルトも外さず、あっさりとオイル抜きが完了しました。
面倒な下回りの洗浄も不要ですね。
新しいオイルは今回もSUMIXです。

走行距離9007Km
そして、添加剤はやはりこれ。IXLメタコン

古いオイルから交換後のインプレですが、低回転が滑らかになりました。
アクセル操作に対して、エンジンがマイルドに反応してくれます。
そして、ギアの入りは超スムーズ!!
今後のメンテは、チェーン交換にフォークシール交換。フルエキまたつけて、ダイノジェットかな~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »