ビオトープ周辺

稲の栽培 陸稲 うるち米 Part2

弱ったクリアケースの稲を、ビオトープに移植しました。

↓状態の悪い稲を4株ほど抜いた後

↓ビオトープへ移植後

葉は黄色がかっており弱弱しいですが、ここから一気に成長して欲しいです。
陸稲とはいえ乾燥には耐えられませんので、ビオトープは最適かもしれませんね。
水やり、追肥の手間もなく、水位確認の必要もないのは助かります。
また、陸稲は連作障害があり、畑栽培では3年以上間隔を空けなければならず、水田栽培にすることで、連作障害を回避できるのも悪くないと思います。

ビオトープは富栄養化していると思われますので、栄養吸収させるにもよさそうです。

今後の成長が楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »