500Vdue

500Vdue改造(SEVヘッドバランサーP1&P2)

訳あって今はネイキッドにしています。

タンクも外してしまいました。初めてなので、一仕事ありました…
タンクを外してみて分かったのですが、Dueは下側のプラグは良いけど上側のプラグ交換はちょっと大変そうです。
手が入りそうにないのですけど・・・ラジエーター外したら簡単かも知れません。

SEVクランクで行き詰ってしまったのでクランクは保留にして、ヘッドバランサーを先に取り付けることにします。

SEVヘッドバランサーは次の効果があるようです。
「エンジンヘッドカバー上部に装着することで、バルブなど、エンジン内部の各パーツの異種金属間に発生する抵抗を軽減。また、燃焼の際に発生する余分な熱をコントロールします。この2つの働きにより、エンジン本来の性能を発揮させます。」

Dueのエンジンではヘッドバランサーを取り付ける場所がほとんど無く、プラグの横に取り付けをしました。傾斜の部分で接地面積が少ないです。P1が2個、P2が2個です。

下側にはSEV落下防止のためスポンジを挟み込みました。

早速テスト走行です。
今回は非常に満足のある結果となりました!!
全回転域でのトルクアップを体感しました。
エンジン特性は変わらないですが、確実にトルクアップしました。
アイドリングからして違いが出ています♪非常に力強いアイドリングでした。
普段は1500~2000回転の間でのアイドリングですが、だいたい2000~2500回転でした。
ピストン運動の抵抗が減っているのかもしれません。
また、4000回転以下でも十分走行できます、高回転は凄まじいです☆☆
クルマのS-MXでは劇的な体感はできませんでしたが、Dueでははっきりと確認できました☆

今後はSEVクランクの貼り付け場所を、何とかしたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »